読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤の苦悩は続く WORKING!! 4巻

WORKING!! 4 (ヤングガンガンコミックス)

WORKING!! 4 (ヤングガンガンコミックス)

変人の集うファミレス「ワグナリア」を舞台にした恋愛喜劇。ヤングガンガン連載。
キャラ1人1人がズレた頭の持ち主で、そのキャラたちがおかしな人間関係を築いています。そのさじ加減が絶妙。特に伊波と佐藤。この2人は「おかしな恋愛劇」の被害者として作品になくてはならない存在になってます。
・伊波は小鳥遊のことが好きです。でも男性恐怖症なので小鳥遊を殴り続けます。でもちなみに小鳥遊は一定以上育った女性に興味がない変態さんです。
・佐藤は八千代のことが好きです。でも八千代(♀)は店長(♀)が好きです。
佐藤×八千代がある意味進展してます(泥沼に更にハマったとも言える)。八千代を名前で呼ぶようになった時の佐藤の動揺っぷりが不憫で不憫で大笑いですよ。さすが佐藤。ミスター報われぬ恋。佐藤が八千代にとって特別な存在であることをチラッと出してきてるんですが、それを佐藤は知ることもなくあぁ無情。
小鳥遊×伊波は進展してるのか良く分かりません。なんだかんだで仲が近くなっているのに小鳥遊の方の変化が見られないってのが大きいと思います。にもかかわらず、たっぷり苦悩萌えを披露する不憫な佐藤さんに比べ、伊波の方は「恋する乙女」っぷりというラブコメ的可愛さが感じられます。ライバルのあるなしの差、良く一緒にいる人(愉快犯的に引っ掻き回す相馬と、役に立たないけど善意の塊の癒し系・種島)の差というのもあるでしょうか。一番大きいのは2人の気質の差でしょうけれども。小鳥遊に(勘違いで)好きと言われて腰が抜ける伊波、一方「佐藤」ではなく「潤」と呼ばれると嬉しいくせに拒否するヘタレ。物事は前向きに捉えたほうがいいと思うよ佐藤さん。そんな佐藤さんに萌えるのが4巻ということで。
何が言いたいかというとウェブ版続きまだ?
うろんなページ←作者のHP
あまり触れてないけど山田は4巻も良く引っ掻き回してました。