読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖夜の性癖カミングアウト 僕の好きなエロ漫画

性なる夜だからオレはエロ漫画について語るぜ、エロマンガ10 DAIさん帝国/ウェブリブログ
こんなに心を奮わされるタイトルは初めてなんで、僕もこの聖なる夜を(もう終わったっぽいけど)エロ漫画語りに捧げたいので、コアに行こう エロマンガ10 - 酔拳の王 だんげの方に参加します。

※以下のような方は閲覧をご遠慮ください。
・エロ、ロリ、鬼畜、下ネタなどに嫌悪感を示す方。かなりノリノリで直接的な言葉を出すので閲覧に注意してください。あと18歳未満の人もネタがネタなんで見ないで下さい。





関谷あさみ/ガールズシャワー/ロリ/茜新社
DAIさんと被るのもアレなんで一個前の単行本を。
関谷先生の特長といえば、可愛い絵柄ながらチンコはわりと凶悪でそのギャップがたまらなくグッドです。ストーリーの面白さ、ストーリーが生かすエロ、エロシーン本体のエロさがかなり高いレベルで共存している作家さん。最近連載が一区切りついたんでもうそろそろ新しい単行本に期待。
エロは主にRIN(茜新社)、非エロも描いているようです。

おとなになるまえに(関谷あさみ):ロリ漫画を淡々と評価するブログ【ろりたん】
http://www.oresen.net/mt/2006_10/15/post_494.php


犬星/Sweetくりーむ/ロリ/ヒット出版社
可愛い絵柄とエッチシーンのわりとハードなところなんかが関谷先生と似てるんで片一方好きな人にはこっちもいけるんじゃないかと思います。犬星先生の特長は関谷作品に無い変態性でしょうか。収録されている「メイと歩けば」はバイブ・ローター・アナルビーズ・野外とアブノーマル一直線。素晴らしい
商業デビューから高いレベルの絵柄も特長。ロリ好きならどの単行本も買って損はありません。
掲載は主に少女天国
`Œ¢‚Ɛ¯‚Ì‘å–`Œ¯`(作者ホームページ)
愛の魔法をおしえて!(犬星):ロリ漫画を淡々と評価するブログ【ろりたん】
いもうとぱんつ(犬星):ロリ漫画を淡々と評価するブログ【ろりたん】


みずきえいむ/AFTAR SCHOOL/ロリ/コアマガジン
道を踏み外させた作家として、みずきえいむ先生は触れずにはいられません。「ノーパンの女の子を見つけたら、その子には何をしてもいい」っていうお話。絵柄はスッキリ、シチュエーションのエロさで勝負。
たまごまごごはんさんが度々スパッツへの愛を語られていますが、パンツだスパッツだのの論争はすでにみずき先生が「スカートの中のノーパン最高!」としてすでに終わらせていると思うんですがどうでしょうか。


SASAYUKI/快楽の白と黒/基本ロリ/コアマガジン
おれせんさん曰く「SASAYUKi未読の人はもっと人生豊かにしろよ」ということなのでまんまと購入。ドストライクで感謝感謝です。
ロリ系には珍しい「肉感」のあるエロシーン。系統で言えばぼっしぃ先生なんか近いでしょうか。ストーリーは中世ヨーロッパのお嬢様な感じ、「閉じた世界」の
あと犬プレイ大好きっ子として「双子が双子に犬プレイ」ってのは生唾ゴックンでした。もっとアナルには尻尾を入れられるべきだと思います


あかざわRED/ぴんくぱんつぁ〜/ロリ/マックス
可愛いキャラにスッキリとキレイな体な絵柄ながら、エッチシーンのねちっこさは一級品。なんていうか、エッチシーンに「腰」が入ってるのがロリ系に珍しいと思います。
ロリ好きな人には大体楽しめる貧乳娘の(たまに巨乳)はその筋の人に大歓迎でしょう。しかし、あかざわ先生の最大の特徴は男の子がハードに責められることじゃないでしょうか。チンチンいたぶられ、アナルいたぶられ、女の子のようなあげき声をあげながら腰を振るショタっ子こそが、他に追随を許さない魅力です。
たとえショタっ子であろうとアナルには尻尾が入れられるべきなのです←結論


ほしのふうた/水の戯れ/ロリ/久保書店
単行本というより作者の作品全てがオススメ。明るい作風は大きな特長です。
女の子が気持ち良くなってる様子が前面に押し出されてます。インモラル一直線よりそっちの方がインモラル感増し増し。にゅるにゅるって感じ。あとチンコは小さめでブッ刺すんじゃなくて「こする」のを強調してます。当然ながらアナルを疎かにしません。
作家別コミックスリスト - ほしのふうた


■LEE/突撃となりのお兄ちゃん/ロリ/茜新社
ロリばっかで自分で不安になってきた
ぷにぷにした絵柄とあとアナルしっぽ。男も女もアナルしっぽ。アナルしっぽは抜く時にこそその真価を発揮するのです
突撃となりのお兄ちゃん(LEE):ロリ漫画を淡々と評価するブログ【ろりたん】
コルトのTOPページ(作者のホームページ)

むらさき朱/姉犬 1巻/露出/フランス書院
露出。とにかく露出。
普通の女子大生だった姉が、弟の同級生に全裸で街中引き回され、ついには性奴と化してしまう。その過程をエロ漫画ならではの強引な設定と細かな描写によって生々しく描かれています。唯一の欠点はアナルに尻尾が無いこと。
女性が露出によって堕ちていく様子を、連載できっちり描きあげるのが良い点。連載していたコミックパピポは休刊したようですが、作者のホームページによると復帰準備中との事なので期待して待ってます。
かなり「熟れた」体の女性が出てきます。正直そこら辺の絵柄は個人的には苦手なんですが、そこをものともしないシチュエーションの物凄さに毎回引きつけられます。
「ロリ」と共に大好物なのが「露出」なのですが、この2つは相性が悪いのか中々両者をあわせたものがありません。
index(作者のホームページ)




瑞井鹿央/Slow Step/ロリ/茜新社
絵は超一級品。局部のリアルさとか反則的っつうか犯罪的。局部はさておき、背中が色っぽくて好き。エロゲーの原画もしてるってのが納得です。
ただ難点として、ストーリーが普通すぎて変態プレイ大好きっ子として凄く物足りない所。何故その画力を持っていながらアナルを責めない!道具を使わない!裸で連れ回さない!フィクションのエロなんて普通は出来ないことをしてナンボだと思うんですよ。LEE先生くらいアナルを尊重していただきたい。
そんな文句言いつつ大好きなわけです。あぁ、原作:ゴージャス宝田・作画:瑞井鹿央とか読みたい
SlowStep(瑞井鹿央):ロリ漫画を淡々と評価するブログ【ろりたん】

画力優秀。ヒロインもそれぞれ個性的で可愛く描かれている。
結合部がくっきり描かれた膣内射精中心の話も実用性は高い。

王道的なシチュエーションを極めた感じの一冊なので、
変り種の状況や行為が読みたい方は避けた方が賢明かも。


ゴージャス宝田/キャノン先生トばしすぎ/変態ロリ/オークス変態性が足りないと文句を言うくせに、この漫画(というかゴージャス先生作品全般のトばしすぎっぷり)に若干引いてしまいますキャノン先生(幼女)が屋外でアナルから精液をブチまけたりしますが、このシチュってゴージャス作品では珍しくないのです。クセの強い絵柄も苦手。
じゃあ何故この漫画を選んだかというと、「人とは違う性癖を持っていることの強烈な自己肯定」があるからです。後半とかエロ漫画の枠を超えて貧乏エロ漫画家の「まんが道」してるんですよ完全に。なんかエッチシーンが「ストーリーを魅せるための手段」になってる気すらします。全てのエロ漫画読み必見の名作。
エロマンガ10の選考基準からはズレてしまってますが、この漫画を選ばずにはいられませんでした。
30男と12少女、これが2人のエロ漫画道、『キャノン先生トばしすぎ』 DAIさん帝国/ウェブリブログ
エロ漫画に必要なのはエロさ、そして情熱なんだよ! - キャノン先生トばしすぎ - 真・業魔殿書庫
http://www.ota-suke.jp/product/review/8548
『キャノン先生トばしすぎに』かこつけてエロ漫画を語ってみる 漫画ドランカーの小部屋/ウェブリブログ





いかがだったでしょうか。9割がロリ漫画という結果に自分でドン引きしているのですが、モニターの前の読者の皆さんのドン引きっぷりは自分の比ではないと思います。こんなん書いて誰が得すんだとか思ったら負けです。
つまり何を言いたいかというと、
結論:アナルには尻尾。

集計用です。
関谷あさみ/ガールズシャワー/ロリ/茜新社
犬星/Sweetくりーむ/ロリ/ヒット出版社
みずきえいむ/AFTAR SCHOOL/ロリ/コアマガジン
SASAYUKI/快楽の白と黒/基本ロリ/コアマガジン
あかざわRED/ぴんくぱんつぁ〜/ロリ/マックス
ほしのふうた/水の戯れ/ロリ/久保書店
■LEE/突撃となりのお兄ちゃん/ロリ/茜新社
むらさき朱/姉犬 1巻/露出/フランス書院
瑞井鹿央/Slow Step/ロリ/茜新社
ゴージャス宝田/キャノン先生トばしすぎ/変態ロリ/オークス