読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コージィ先生原作の野球漫画 しばしば超展開 ストライプブルー 

週刊少年チャンピオンで連載されている高校野球漫画、ストライプブルーが面白いです。
原作森高夕次先生、作画松島幸太朗先生は以前チャンピオンで連載されたショー☆バンと同じコンビ。森高先生は原作者として多数の作品を手がける他、コージィ城倉名義でも活躍。現在マガジンSPECIALおれはキャプテンを連載しています。

高校野球漫画なのですが、はじめの数話までは中学時代の話でした。そこでの展開の毎回の予測不可能っぷりで注目を集めました。
ストライプブルーの主人公小沢亜穂(アー坊)は前作ショー☆バンの主人公の弟。「スイッチピッチャー」(両方の手で投げられる)という珍しいタイプのピッチャー。しかし、中学時代は幼馴染の女の子にレギュラーの座を奪われていました。まず1驚き。
アー坊を抑えて中学でエースの座を得たのは、ショーバン時代からアー坊と仲の良かった江口花(花ちゃん)。人気・実力兼ね備えた美少女ピッチャーとしてちょっとしたアイドルのような人気を誇ります。今作のヒロインで、アー坊(自分の控え)にベタ惚れ。
もう1人のヒロイン、浅井紀子(のりっぺ)もアー坊にベタ惚れ。ショーバン時代から今でも2人の女の子からチヤホヤされ主人公。野球そっちのけで愛憎劇に突入します。さすがコージィ原作
愛憎劇に関しては、こちらの記事に詳しいです。
おふらいんver2 |ストライプブルー:止まらない愛憎の連鎖
愛憎のゴタゴタを、コージィ必殺の大暴投(byグレースタイル)で切り上げ、さぁ今度こそ高校野球だと思ったら、今度はアー坊を巡って高校が争奪戦を繰り広げられます。控え選手だったものの、両手投げという特性とプロで活躍する兄の存在*1があったからでしょう。控え選手がこんなに注目を浴びるとは、いかに花ちゃんが凄いのか、ベンチがアホなのか
ここでも色々あって、タイトルの通り縞青高校に進学を決意するわけですが…あまりにも色々ありすぎて一言じゃ言えないんで単行本が出た頃に(2巻収録だから大分先の話です)。登場人物黒けりゃ展開も黒いよ、この漫画。
関連他サイト記事
http://redradioactivity.blog97.fc2.com/blog-category-6.html
ストライプブルーワールド
360度の方針転換:週刊少年チャンピオン
ショーバンのコンビによる新連載『ストライプブルー』 DAIさん帝国/ウェブリブログ

*1:アー坊の兄、ショーバンこと小沢番太郎は今作ではプロに進み、この年ヤクルトスワローズのストッパーとして28セーブの活躍を見せました。