読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あえて佐藤萌えを押す WORKING!! 3巻

マグロ試し読み企画、結局トラックバックが送れずコメント蘭にアドレス貼り付けてお茶を濁しました。本当になんでだろう。

変人の多い料理店、もといファミレス「ワグナリア」物語、WORKING!!3巻が発売になりました。ネット上でのブレイクのきっかけになった伊波陥落の回収録。3巻発売でこの漫画がどれだけ飛躍するか楽しみです。

WORKING!! 3 (ヤングガンガンコミックス)

WORKING!! 3 (ヤングガンガンコミックス)

WORKING!!を知らないって人は作者の高津カリノ先生のHPにある登場人物紹介をどうぞ。http://www.gahako.com/work/jinbutu.htm
WORKING!!と言えば伊波ですが、彼女については以前書いたし他のサイトでもたくさん語られるでしょうから、あえてそこをハズしていきたいと思います。
まずは山田。
迷子になった奥さんを探すため日本全国を彷徨い、たまにしか店にいないマネージャー(店で一番偉い人)音尾さんが帰ってきました。この説明ではワーキング知らない人には意味不明だと思いますが、これはこういう漫画なのであきらめてください。その音尾さんが連れてきたのが、奥さんでなく何故か若い娘さん。どうやら路頭に迷ったその子を店で引き取るために連れてきたようです。名前は山田葵、16歳。16歳の少女をホイホイ連れてくるなんて普通にターイホだと思うのですが、変人にまみれた環境で音尾さんが常識を見失うのも仕方がない話です。ともかくワグナリアの一員となった山田。どうやらかなり素性がうさんくさそうです。さすがワグナリア、変人が集う引力があります。ところで音尾さん→お父さんってダジャレなんでしょうか。
そんな山田のファインプレーが、八千代に佐藤が好きなのは八千代だとバラしてしまうこと。山田、恐ろしい子っ!
八千代のことが好きなのに、いつも八千代に杏子のノロケ話を聞かされ続けるという可愛そうな佐藤。でも現状を変えようとしない佐藤。好きってことが八千代にバレて、思わずバイト先から逃げ出す佐藤。素晴らしいヘタレっぷり。バイトの空気が危機的状況になりこれからどうなるかと思ったのですが、電波なことを言って誤魔化すというウルトラCで回避しました。ここで押せないヘタレっぷり。
他にも、種島がバイトを辞めようかと悩んだときには誰よりも動揺したのも佐藤。普段のスカした態度と違い、可愛い奴です。メンタルが弱いから胃薬と頭痛薬は常備。よく今までワグナリアでバイトが続いたものです。→答:八千代がいたから。
結論→佐藤さんは可愛い
佐藤さん普段可愛いって言ってもらえないみたいなので声を高らかに言いましょう。佐藤さんは可愛い。
山田初登場なのに佐藤さんの引きたて役です。キャッチャーとしても高校生のクリス先輩に劣ってるし。同じ週・同じシチュエーションでかたやサヨナラワイルドピッチかたやしっかり掴んでピンチ脱出ですから。クリス先輩かっこ良すぎすいません話がそれました
他には携帯で配信された「小鳥遊家の日常」収録。携帯配信なので未読な人も多いと思います。僕も未読だったので、面白かったです。小鳥遊君は自分の姉妹たちを疎ましく思っているようですが、この家族ってみんな凄い近い距離にいて、それって凄く仲がいいことだと思うんですよ。本当に仲が悪かったら距離を置くでしょうし。小鳥遊君は日々神経が衰弱しているようですが、もっと発想を変えたら楽になると思います。30過ぎや20後半の姉といまだに実家で同居しているのは確かに大変だと思いますが。

うろんなページ
高津カリノ先生のHP。ウェブ版WORKING!!ではヒロインの戦力の差が如実ですが、ダメな方のヒロイン宮越華の母親の若かりし頃のツンデレっぷりはすさまじいですよ。詳しくは下のリンクから「ツンデレ人妻わかばこさん/葉子さん」を見てください。

http://d.hatena.ne.jp/yarisawa/20070125さんのレビュー
小鳥遊君にデレ期が訪れるのかも問題だよなあ
確かにその通りだ。今後どうなるのでしょうか。

WORKING!!(3) - 真・業魔殿書庫さんのレビュー
何だかんだ言っても伊波はいいよね