読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「小4女子ついったらー登場時のTL」、に反応

ツイッターをまとめよう - Togetterまとめ※元記事消失済
これに反応。というかマジギレ。

ナデガタ(@nadegata)/2010年02月20日 - Twilog
Twitter上でDISる。

当事者の一人、@makoPiとチャットで話す。

以下長い

まこぴ> こんばんわ

ナデガタ> こんばんわ、お願いします。

まこぴ> 先に提言しておきたいのですが「キチガイ」とかそういうレッテルの貼り合いにはならないようにしましょう

ナデガタ> わかりました。

まこぴ> こちらのトゥギャッターが発端でよろしいですよね?http://togetter.com/li/6229

ナデガタ> はい、そこでの発言に問題があったと思います。

ナデガタ> 単純に言ってしまえば、性的暴力の可能性があったのでは、と思っています。

まこぴ> 件の小学生が私のpostを見て心に傷がつく可能性があるということですね?

ナデガタ> 「小4」と名乗り、それが100%ネタと確信できない相手に対するあなたの発言が、「ネタ」として許される範囲を大きく逸脱していると感じました。
ナデガタ> 被害者が必ずしも実在しているか、が問題ではないと思っています。今日の私のつぶやきを見られていないのであれば再度説明したいと思います。

ナデガタ> 「可能性がある」、かつ「その可能性が無いことをあなたが確信出来る状況じゃなかった」、そして「重大なセクハラ被害になりえる」、以上の点で問題だと思います。

ナデガタ> 本当に彼女が小4だったのか、はわたしも疑わしいと思っています。

まこぴ> まず1点、「重大なセクハラ被害になりえる」という件に関しては、本物の小学生が私のpostを見たときにトラウマになる可能性は否定できません。

まこぴ> 「本人が見る可能性」という点に関しては、そのpostをした時点では考えていませんでした。

まこぴ> 自分は特に有名人でも無ければ、そのアカウントに@も飛ばしておらず、ユーザーページを貼ることもしていなかったため、「見る可能性」はほとんどゼロだったと認識しています。
まこぴ> 「見る可能性」がゼロでは無い、というのは理解しています。

まこぴ> 何か意見はありますか?

ナデガタ> 見られることを当時認識してなかったのは理解できます。あなた個人の問題でなく、今のtwitterの危うさの一つだと思います。

ナデガタ> 私が気になるのは、批判に対するあなたの態度です。

ナデガタ> 例えばpoint2000の批判はあきらかに問題があり、あなたが怒る気持ちもわかります。

ナデガタ> ただ、そこで指摘されたあなたの問題にあなたが気づかず、反省する様子もなかったことに強い危惧を抱きました。

ナデガタ> 「タイムラインで許された」をあなたが免罪符にしているのではないかと。一時の暴走と違い、今後も起こってしまうのではないかと。

まこぴ> すいません。「態度」の話をする段階では無いと思うのですが、まず件のトゥギャッターでまとめられた内容が「反省」するべきなのかを議論していのですが。

ナデガタ> わかりました。私は、ネタに出来る範囲を超えているので反省すべきと思います。

ナデガタ> あれは、重大な性的暴力になりえます。

ナデガタ> 「当時、それをわからなかった」なら「それくらいわかれよ」という話です。

まこぴ> 私は、あくまでtwitterのタイムライン内でフォロワーに向けてのみpostしたことなので、反省はしなくて良いと考えています。

まこぴ> twitterでの発言はtwitter内でだけ公開されているとの前提でこちらはpostしていますので、それを外部サイトでまとめられたこと自体は不本意なんです。

ナデガタ> 「それを第三者が見る可能性」をあなたが考慮してないのが問題なのです。フォロワー以外非公開なら私も問題視しません。

まこぴ> 「第三者が見る可能性」があるので性的暴力につながる表現はしないで頂きたい、ということですか?

ナデガタ> 彼女はフォロワーを探していた。あなたが間接的に話題にしたことで目に入る可能性もある。それを考えないのはあまりに想像力不足です。

ナデガタ> あの内容、彼女に向けられていなくても彼女が見れば特定できる可能性が高いですよね。

ナデガタ> 「女性一般に対する性的欲求」より「自分に向けられた欲求」の方がきついでしょう。

まこぴ> 「特定できる可能性が高い」は憶測ですよね?トゥギャッターでまとめられなかったら誰も問題視しなかったと思いますが。

ナデガタ> twitter検索などでかなりさかのぼって確認しましたが、当時「小4」という言葉は明らかに特定個人を指していたではないですか。

ナデガタ> 特定されないと思いました?

まこぴ> 思いませんでした

ナデガタ> それは認識不足ですよ。それに、あなた自身は特定個人を想定していたんでしょう?なんでそれで知られないと確信できるんですか。

まこぴ> 小学4年生がtwitter検索で「小4」で検索する。という可能性はまったく想定していませんでした。

ナデガタ> いや、twitter検索は僕が当時のタイムラインを知るために見たってだけで。フォロワーを増やしてるらしい彼女があなたのところにたどり着く可能性を考慮しなかったのかと。

ナデガタ> 例えばフォローした人のフォロワーを調べるとか、そういうやり方でたどり着くこともあるでしょう。RT等もありますし。

まこぴ> すいません。前と同じ発言になるのですが。「第三者が見る可能性」があるので性的暴力につながる表現はしないで頂きたい、ということですか?

ナデガタ> 「第三者」でなく、この場合「当事者」ですよ。自分が大人の性的欲求の対象になっているというのが恐怖ということが分かりませんか?

まこぴ> 先程の引用ですが。「まず1点、「重大なセクハラ被害になりえる」という件に関しては、本物の小学生が私のpostを見たときにトラウマになる可能性は否定できません。」

まこぴ> 「可能性がわからんかったとしても、当事者に対して性的暴力的な発言を行ったことを反省するべき」ということですか?

ナデガタ> 例が悪いですが、「速度違反で走ったら、人を轢いてしまった」は故意犯にはなりませんが過失は問われますよね。その可能性があるため、スピード違反があります。

まこぴ> すいません。例え話は論点がずれると思うのでやめていただきたいのですが

ナデガタ> 被害が出たかも知れない・出るかも知れない悪質な行為は、それ自体が批判されるべき、ということです。

まこぴ> 一方的な批判のためにこの場を設けたつもりはありません。「私」が「どういうこと」をしてそれが「どういう問題」で「どういう解決策」を求めているんですか?

ナデガタ> 「どういう問題」までは理解していただけないでしょうか。

ナデガタ> あなたの発言が軽率で性的暴力の可能性が強いこと。それを自覚し反省し、今後繰り返さないこと。

ナデガタ> あと、「ロリコンじゃない」というあなたがロリコンネタを繰り広げないでいただきたい。

ナデガタ> 非ロリコンのあなたには分からないかも知れませんが、ロリ願望はそのものが暴力性をはらんでいるのです。気安くネタに出来るものじゃない。

まこぴ> あなたの想定する解決策は以上ですか?

ナデガタ> 解決策というか、とりあえずあなたに求めるものですね。今回の件は当然あなた個人だけで解決する問題じゃないでしょうし。

まこぴ> その要求に関してお答えします。「丁重にお断りします」。そちらの言い分は十分に理解したつもりですが、こちらも「発言の自由」を損ないたくないです。これから類似の発言があった際に批判をするのは自由ですが、私の発言自体を止めたいのであれば、法的手段等を使って下さい。

ナデガタ> それでは、今回の件が問題だった、ということはどの程度認識しているかお聞かせいただきますか?

まこぴ> 「本人が本当に小学4年生女子で私のpostを見て傷ついてtwitter辞めたなら申し訳ないなぁ」と思っています。

ナデガタ> あと、内心の自由は不可侵ですが、それを表に出した時点で「他者の自由」や「公共の福祉」の制約を受けることくらいはし知っといてください。発言の自由は不可侵じゃありませんよ。

ナデガタ> いや、だから、明確な事実だけでなく、可能性も考慮しましょうよ。認識が浅すぎる。

まこぴ> はい、考慮します

ナデガタ> それでは「態度の話」もいいですかね。

まこぴ> いいですよ

ナデガタ> 批判に対してあなたが「何言っても聞かない」「頭に血が上ってる人達」と言ったのは心外でした

ナデガタ> 「セクハラだ」という指摘に対して「セクハラだからなんなの?」という態度もセクハラに対する軽視です。

まこぴ> あなたに対して言ったつもりは無かったのですがそう認識したなら申し訳ないです

まこぴ> 「セクハラだからなんなの?」というのは「セクハラだったとして私になにをして欲しいのですか?」という意味でした。言葉足らずですいません。

ナデガタ> 私個人でなくても、その時点で寄せられた批判に対し、あなたが自身の非を考慮できていないのが問題だと感じました。

ナデガタ> セクハラを批判された際の態度が「なにをして欲しいのですか?」って、開き直ってるとしか感じられません。セクハラが悪い事だと理解しているのでしょうか。

まこぴ> 「態度」の話全般に関わることなんですが、私が批判に対して「反省している態度」になる必要性はどこにあるんでしょうか。

ナデガタ> 批判されて、悪いと思ったら、反省するでしょう。そういう態度をとらないとすれば、悪いと思ってないという事で、今後似たような事態が起きる危惧があります。

ナデガタ> 批判されて、悪いと思ったら、反省するでしょう。そういう態度をとらないとすれば、悪いと思ってないという事で、今後似たような事態が起きる危惧があります。

まこぴ> ちょっと考えています

まこぴ> すいません。考えても先程の結論と同じになるのですが。→そちらの言い分は十分に理解したつもりですが、こちらも「発言の自由」を損ないたくないです。これから類似の発言があった際に批判をするのは自由ですが、私の発言自体を止めたいのであれば、法的手段等を使って下さい。

ナデガタ> 今後も「特定個人に向けた性的暴力発言を行う」、という認識でよろしいでしょうか。

ナデガタ> 別に下ネタ言うなって言ってるんじゃなくて、「ここまでいくと逸脱」という範囲を知れと言ってるのです。


まこぴ> どこまでが許される範囲なのかはわかりませんが「特定個人に向けた性的暴力発言」はなるべくしないように気をつけますよ。

まこぴ> もうそろそろ12時なので終わりにしたいのですが・・・

ナデガタ> そこを最低限わかっていただけ今回の件ではそれ以上求めません。長い時間ありがとうございました。

関連
例の問題についてナデガタ氏とチャットしたので全文載っけるよ下から上に読んでね - まこぴとか
小4ついったらー問題に関するnadegataのはてなブックマーク