読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『こすヨメγ'09』に参加します

先日の記事で「このマンガがすごい!」回答者に対してルサンチマンしたのですが、ブログ・サイト管理人の方からは「別に憎くもないし羨ましくもないよね」という大人な反応をいただきました。自分の小ささが身に染みる…!
しかしながら、僕の様な「自分も出来たら回答者になりたい。でも無理だろうな…」という気持ちを持った人にうってつけの企画があります。これに参加して、みんなもライター気分を味わおう!
古本屋の戯言・営業日誌:選者大募集!『このマンガが凄いから読め!(仮称)γ版・2009』…略して『こすヨメγ'09』(何故って、結局やりたいから…) - livedoor Blog(ブログ)
『このマンガが凄いから読め!』。様は「このマンガがすごい!」や「このマンガを読め!」の様な年間のベスト漫画の選出をネット上でやろうという企画です。このワシにうってつけー!!
ルールはリンク先で見ていただきたいとして、早速いってみます。勿体つけて第5位から。

第5位:まじもじるるも 月刊少年シリウス連載 作者:渡辺航先生

まじもじるるも(2) (シリウスKC)

まじもじるるも(2) (シリウスKC)

馬鹿でスケベな男の前に、無口で不器用で可愛い<超重要>落ちこぼれ魔女が現れるというお話。
2人のキャラが活き活きしていると感じる1巻。1巻で出たアクの強い脇役たちにもスポットが当てられ、コメディ分が底上げされて面白さが加速する2巻と、連載を経るごとに面白くなっていきます。かつて自ら認めるほどスロースターターだった作家が、こんなにも早く魅力的なコメディを見せてくれるのが驚きました。まだ2巻ですが、ベストに入れて全く問題ないと思います。
今最も脂が乗っている漫画家。来年も期待大。

第4位:ネムルバカ コミックリュウにて連載終了・全1巻 作者:石黒正数

ネムルバカ (リュウコミックス)

ネムルバカ (リュウコミックス)

特別になれた者と特別になれなかった者の物語。閉塞感から一気に突き抜け、弾け飛ぶ。あまりにも強烈な印象を残す全1巻。
しかし今年の「このマンガがすごい!」でのこの作品のスルーされっぷりは異常なんだけど何故なんでしょうか。ランキング上位にいなくても話題になった作品は何人かの回答者が必ず触れているのに、ネムルバカはわずかしかいません。こればっかりは本当に意味が分かりません。
まぁこういう疑問はこの手のムックにはありがちですが、ありがちな疑問をそのまま表明しておきます。
↓ネット上の言及まとめ
ネムルバカ 全1巻 石黒正数 コミックRYU 徳間書店 - クレイジーワールド 〜漫画レビューまとめ〜

第3位:弱虫ペダル 週刊少年チャンピオン連載 作者:渡辺航先生

弱虫ペダル 3 (少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル 3 (少年チャンピオン・コミックス)

ベスト5に同じ作者の漫画が2つで申し訳ない。だっておもしろいんだもん。
スポーツとは縁も無いオタク少年が、自転車競技の才能を見出され、それを通して仲間を得、その魅力に自らも気づき、才能を開花させていくという物語。あまりにも愚直にスポーツ漫画の王道を走っています。
単行本は3巻までだけど、スポーツ漫画としての真価を見せつけてくれるのは次の巻です。正直、ここまで鳥肌の立つ展開を見せてくれるとは思いませんでした。
3巻までの展開ではベスト5に入れるのはまだ早い気もしますが、連載分も考慮してこの順位です。それくらい凄かったんですよ。

第2位:ワールドエンブリオ ヤングキングアワーズ連載 作者:森山大輔

ワールドエンブリオ 4 (ヤングキングコミックス)

ワールドエンブリオ 4 (ヤングキングコミックス)

携帯電話を通して感染する「棺守」という化け物の存在を知った主人公が、棺守との闘いに巻き込まれていくという物語。
主人公の姉に関するエピソードが描かれた4巻時点で、この作品が傑作だと太鼓判を押せると確信しました。今まで断片的に描かれていた糸が1つに繋がると、その物語の衝撃に打ちのめされました。
目を引く美しい絵柄と、スピード感のあるアクションシーン。時折見せる軽妙なコメディ。そして何より、幾重にも練られ読者の予想をはるかに上回るストーリー。鋼の錬金術師すら凌駕する大傑作になるのでは、と非常に期待しています。

最新号を読んだ僕の感想。

    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

毎月読んでるとホントこんななる。

もう「傑作」という言葉を使っても問題ないはず ワールドエンブリオ 4巻 - 漫画(ry跡地
4巻発売時の過去記事。この巻で描かれるエピソードをきっかけにこの作品に対する評価は完全に変わりました。

おのぼり物語 まんがライフにて連載終了・全1巻 作者:カラスヤサトシ先生

おのぼり物語 (バンブー・コミックス)

おのぼり物語 (バンブー・コミックス)

2008年も色々な漫画を読んできましたが、一番面白い漫画だったかと言われれば僕は迷わずこれを選びます。
思いのたけは過去記事に書いたので、出来ればそれを読んでほしいと思います。
また1つ、上京物語の代表作 おのぼり物語 - 漫画(ry跡地
言及リンク集。
おのぼり物語 全1巻 カラスヤサトシ 竹書房 まんがくらぶ - クレイジーワールド 〜漫画レビューまとめ〜

このマンガがすごい!の選考基準には、奥付にある日付がわずか1日ずれている為に選考基準外となっているのですが、それでもこの作品を挙げる人が何人もいました。しかし来年ランクインするのは厳しいだろうなぁ。