読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成長を巧みに描くサッカー漫画 ANGEL VOICE

高校野球の「ストライプブルー」、自転車競技の「弱虫ペダル」と、スポーツ漫画に勢いのある週刊少年チャンピオン。今日はその中でも特にオススメしたいサッカー漫画、エンジェルボイスを紹介します。

どういう漫画かというと、不良たちの集まる市蘭高校サッカー部の更正のために熱血教師が奮闘するという話。「サッカー版ルーキーズ」または「21世紀版スクールウォーズ」ともいえる使い古された設定ですが、過去の名作にがっぷり四つで挑んでると言いましょうか、「1つ1つの出来事・1人1人の人物を丁寧に描く」という基本に忠実な姿勢が設定のありきたりさを払拭するほど魅力的。引けをとらない魅力を感じます。 読んでて単純に熱くなる、興奮するのです。

特に、「人物の成長」の描写が非常にうまいです。それを、先々週と先週の連載分で紹介します。

練習の一風景。
手前のボールを奪ったアフロの男は山守といって、チームの中では目立たない脇役。なのですが、最近目に見えて上達してきています。脇役の成長もきっちり描く所が好印象なのですが、重要なのはこの後です。


連続して次のページのコマ。
山守の成長を見て複雑な表情をしているのが、山守と仲の良い広能です。山守と広能は幼馴染の仲良しコンビ。広能は山守の兄貴分の様な間柄でした。しかし、成長する山守とは対照的に、広能は試合でチームの足を引っ張る場面が目立ち、伸び悩んでいます。 仲の良い山守の成長が、広能には堪えます。

直後の試合。
広能は以前の練習の時の山守と同じ様なプレイで相手からボールを奪います。山守の成長を目の当たりにし、彼を意識した広能だからこそ、同じプレイを成功する事ができたのです。

このように、「下手な選手が上手い選手のプレーを見る」、そして「意識をする」、そこから「参考にして、自分もやってみる」。こうした描写がエンジェルボイスでは目立ちます。ただ淡々と成長を描くだけでなく、「選手が何を経験し、どう考えて成長していくか」という背景を描くことで、選手が成長していくことに説得力を与えています。 「未熟者が熟練者者から学ぶ」という姿勢は、素人の集団が強くなっていく過程で欠かせない要素だと思います。

同じ様な例で、5巻収録の練習試合。 全国2位の強豪、八津野に挑みます。

始めて体験する全国レベルの選手に翻弄される市蘭サッカー部。 市蘭サッカー部には、中学サッカーで名を馳せた乾というエースがいるのですが、初めて自分たちのエースよりもうまい選手を体験します。

「大したことない」と豪語するのが、この物語の主人公、成田。彼はFWにも関わらず、かなり下のラインまで下がって守備をしてしまうという悪い癖があります。しかしこの場面では、その悪癖のおかげで全国区の選手のドリブルを間近で体感できたのです。
「DFの動いた方向と逆にボールを出すと抜ける」。それが分かった彼は、チームメイトのアドバイスもあり早速それを実践します。

DFの動きに反応して素早くボールを反対側に蹴りだす成田。完全に相手を抜き去ります。ここで初めて「ドリブルで相手を抜く」事の快感を味わうのです。

成田という選手は、高い身体能力を持っていながら技術が低く、また、低いくせに複雑なテクニックを使いたがるせいで今までドリブルで相手を抜くことが出来ませんでした。また、馬鹿だからそれを理解できていませんでした。体感することで、どうすれば良いかを初めて理解したのです。
成田は広能とは違って、高い素質を元に加速度的に成長していきます。それでもただ成長するだけでなく「きっかけ」を描かれる事は、話のメリハリが利いてきます。守備に戻りすぎるというFWの欠点がFWの成長に繋がっているという皮肉も面白いです。
選手の技量や上達の度合いに個人差をきっちりとつけている所もドラマ性の高さを演出していると思います。例に挙げた広能、しっかりと成長しているのですが、周りの急な成長と見比べて自身を失ってしまっています。彼が今後どのようにその壁と向きあうか。今後の展開に注目しています。

成長を描く巧みさはこれだけではありませんが、今日はこれくらいで。彼らの成長を連載を追うのが毎週非常に楽しい漫画ですのでスポーツ漫画好きはチェックしてみるべきだと思います。

■関連

http://akitashoten.blog103.fc2.com/blog-entry-207.html

『ANGEL VOICE』第1巻 古谷野孝雄: Lエルトセヴン7 第2ステージ
『ANGEL VOICE』第3巻 古谷野孝雄: Lエルトセヴン7 第2ステージ
『ANGEL VOICE』第5巻 古谷野孝雄: Lエルトセヴン7 第2ステージ

週刊少年チャンピオン連載。既刊6巻まで。

ANGEL VOICE 1 (少年チャンピオン・コミックス)

ANGEL VOICE 1 (少年チャンピオン・コミックス)

ANGEL VOICE 2 (少年チャンピオン・コミックス)

ANGEL VOICE 2 (少年チャンピオン・コミックス)

ANGEL VOICE 3 (少年チャンピオン・コミックス)

ANGEL VOICE 3 (少年チャンピオン・コミックス)

ANGEL VOICE 4 (少年チャンピオン・コミックス)

ANGEL VOICE 4 (少年チャンピオン・コミックス)

ANGEL VOICE 5 (少年チャンピオン・コミックス)

ANGEL VOICE 5 (少年チャンピオン・コミックス)

ANGEL VOICE 6 (少年チャンピオン・コミックス)

ANGEL VOICE 6 (少年チャンピオン・コミックス)