読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

issiki-oscarへ

あなたのブログ名を見て、「漫画に対する記事をネット上で書く気のある人」と認識してます。「レビューブログ界隈の土俵に立っている人」という認識で、批判させていただきます。
まず、正直言ってあなたのブログと言及先のブログではコンテンツとしての差は雲泥ですよ。ただの独り言と、作品を多数の人に伝えようとする言葉にはそれだけで大きな差があるのです。ブロガーの信頼なんてネット上にあるものだけで判断するしかないので、「大したことも言えない人がちゃんとしたレビューサイトを批判している」という滑稽な図に映ります。「かぶってる」とか言ってますが全然かぶってません。あちらの方が確実に上です。

あなたがいかに漫画を読めるか、そして言及先の記事がどう的外れなのか、あなたのブログからはその根拠が何も感じられません。もしかしたら本当に深い考察の出来る人で、それを仲間内で語り合ったり同人誌などで世に出しているのかもしれません。でも、ブロガーの端くれならそれの片鱗くらい見せていただきたい。ただ言及先の内容から自分と意見の違う部分にカッコ笑いをつけて、自分と同じ意見だとするものを他所で引っ張ってくるだけ。カッコ悪い。一ブロガーが他所様のブログ批判するならてめえの言葉で語れ。

そもそも格上のブログにあんな舐めた口聞けるのが凄い。自分が某大手サイトの一記事を批判した時は身を削るように書いたけど、よくもまぁ痛い子とか言えるもんですね。
「よめてますね〜(笑)」はただのガキのいちゃもん。その程度の記事にわざわざトラバ送ってくんな*1。せめて「物凄く底意地は悪いけど言い回しが面白いから思わず笑ってしまう」くらいの文ならなぁ。

あの程度の文でけなす理由が書かれていると本気で思ってるなら、しばらく他所のブログに絡まないほうが無難かと思います。いや、無難とかでなく、絡むべきでありません。あなたの現状では自分と違う意見のレビューサイトを所かまわず批判しそうですから。まぁ大きなお世話でしょうが。
その程度の批判、2ちゃんで書こうが増田で書こうが飲み会の肴にしようがあって当然なものですが、ブログで書くという事は「同じ土俵に立つ」ということなのです。それを分かってないといつか痛い目を見ると思いますよ。

ネット上のものだけでその人の意見の説得力をさぐるのは限界があるのは分かっています。でもネットではそこにあるものだけで判断せざるを得ないのですよ。まぁネットでない自分を見てくれというのでしたら、幸いあなたの所属する団体の所には夏コミで行くつもりなのでその時「あなたの読みの正確さ」でも見せていただきたいかと。

*1:ウチの敷居なんて無いも当然だが、ここまでどうでもいい記事が来ると正直まぁ困る