読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うすた先生の対談3つ収録 ピューと吹く!ジャガー公式ファンブック

ファンブックというものはファンにとっては欠かすこと出来ないものである一方、ファンでない人には微妙だったりファン過ぎて当たり前の情報しか載ってなかったりで「がっかり」率が高くなりがちなんですが、今回のジャガーのファンブックは非常に満足度の高いものなので全てのジャガーファンは買うべきものになっていると思います。
「超豪華10大企画」がその名に恥じぬ充実っぷりです。

■1:ジャガー×マサル×武士沢の共演漫画 描きおろし!
タイトルだけで衝撃。あのマサルと武士沢が再び見れるってだけで感無量です。全4ページ。

■2:うすた京介×両親対談!
うすた先生と母のノリ子さん、父の洋美さんの対談。ご両親も顔出ししています。ジャガーさん関係なくヤーコンの話をしたり。
ヤーコン - Wikipedia

■3:セリフ総取っかえ!リニューアルコミック収録
5巻第103笛「ボクの大冒険〜夢をあきらめないで〜」をリメイク。

■5:うすた京介×尾田栄一郎対談!
すごろくを振って、出たコマに書かれたテーマにそって対談。これは以前のおおひなたごう×うすた京介 SPECIAL本音TALK!からのアイデアですね。2人が同郷(熊本)、同い年というのは始めて知りました。読みきりデビュー時から尾田先生がうすた先生を意識していたなど興味深い話がたくさん出てきます。

■6:7年ぶりの読切「ショルダータックルヤマザキマン」収録!
ジャンプ2007年22・23合併号に掲載。単行本には収録されないと思うので未読の方は是非。

■7:ギャグ漫画家さんたちによる自己流ジャガー大集合!参加しているのは麻生周一先生、大石浩二先生、小栗かずまた先生、澤井啓夫先生、大亜門先生、つの丸先生、なにわ小吉先生、増田こうすけ先生。それぞれの絵柄でジャガーキャラのイラストを描いているのですが不覚にも一番笑ったのは大石先生。

■10:うすた京介×アシスタント対談
うすた先生とそのアシスタント平野正臣さん、藤野耕平さん、荻野英貴さんの対談。尾田先生との対談と正反対で、どうでもいい事をグダグダに語ってる感じで、うすた先生たちの普段の顔が見て取れます。ちなみに今回の3人は、同時発売のジャガー14巻でジャガーのカバー漫画を描いています。

■4:ハミィのペーパークラフト
■8:ダメ人間シール!
■9:ポエム絵ハガキ!
ここら辺もファンブックらしいラインナップ。

キャラクター紹介や名場面集などファンブックとして抑えるところは抑えているのですが、それだけで物足りない人にも興味深い内容になっていると思います。これで700円は結構お得。