読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめての同人誌即売会

絶望先生オンリーに行ってきました。
僕は同人誌を全然読まないのですが、今回ゴルカムさん‚ЂƂè‚ŏŸŽè‚Ƀ}ƒ“ƒK–é˜bさんが参加すると聞きこれは是非とも手に入れねばと思い、引きこもりがちな我が身にムチ打ち会場まで向かいました。
2サークル(って言い方でいいのかな)ともいつもよく見ているサイトだし、特にヤマカムさんゴルゴ31さんには記事を紹介してもらって今のウチ(の分不相応なアクセス数)を支えていただいた恩があり、この機会に是非とも媚を売っておこうお礼を言おうと思ったんですが、何もいえなくて夏。別に名乗らんでも「いつもサイト見てます。これからもがんばってください」くらい言いたかったです。漫画家のサイン会の時もろくにしゃべれない僕がそんなことできるわけもなく。
会場全体の雰囲気なんですけど、不思議な熱気がありました。ここにいる人みんな絶望先生が好きで、それを形にしているのかと思うと圧倒されました。圧倒されすぎて、どうすれば良いか分からないほど。アウェイですよアウェイ。分かってはいました、同人誌をほとんど読んだことがない男が1人同人誌即売会に行ったらこうなる事は。見本を見るのもなんかためらっちゃいました。しょうがないから入り口近くのソファで早速買った本を読み、しばらくしたらそれ以外何も買わず帰ったのでした。敗北を知った。とりあえず気になるやつは買っておけば良かったと今更思ったり。
けどそんなグダグダでも楽しかったです。自分もこの熱気の中に入れるようになりたいです。
参加サークルが発表された時点で分かっていた事なんですが、女性向けが大半でした、絶望先生ファンに女性が多いのか、こういうイベントは女性の方が多いのかは分かりませんが、ここら辺も自分が引いてしまった要因でした。女の子がいっぱいなんて恥ずかしい!
何でも初回は上手くいかないもの。次回こそ媚を満喫したいと思います。次回いつ行くかは分かりませんけど。
あああとひとりで勝手にマンガ夜話さんの本読んでマンガ・イズ・デッド買わなきゃなと思いました。以前読んだ時は図書館で借りてそれ以来読んでなく、内容の理解度が低いままなので。